2013年05月19日

「ドンクラ※」

「ドンクラ※」
http://okmusic.jp/#!/works/29227?n=%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E2%80%BB

”いい音”の定義には、様々な議論があるかと思いますが、この作品はおそらく一般的には”あまりよくない音”の部類に入るであろうと思います。

実は、この作品はすでに発表済みの作品の別MIXであるともいえます。

この「ドンクラ※」のほうは私のごく初期の作品集にそのまま収録されました。

「※」のほうは、音も中央に集められ、限りなくモノラルに近いMIXになっています。

このことで、収録された個々の音は、聴こえづらくなっていますね。

ノイズは増長され、少しコモッた感じは、なんとも私が望んだ雰囲気といえました。

これはいわば”いい音”に対する私なりの最初のアンチではありましたが、もちろん私は必ずしも”いい音”を否定しているわけではありません。

おや、これ随分前にも似たようなことを書いたことがありますね。

通常、これは”悪い音”に対していわれる親愛の情のおはなしのように書かれがちでしたが、今これが”いい音”に対して向けられているところが、なんとも今風です。

もちろん”いい音”の信者は今でも多く、主流とはいえるでしょうね。

ただ、最近では「音だけがよくてもしょうがない」と気付いている人も増えているような感じがします。
というのも、そもそも・・・(後略)

パワーのある音というのは、それだけで人の心、もしくは感覚を震わせる力があるようです。
その感動はあくまで音に対するもので、私もこれはもちろん否定もしません。

さて、私が言おうとしているのは、作品が表現しようとしている感動のおはなしです。
実は、これを伝えるのに必ずしも”いい音”は必要ない、というのがこのテーマであります。

いってしまえば、ときに”いい音”が邪魔にさえなってしまうことがあるのではということです。

音楽の感動は、そもそも音から得られるのではないのか、といえばそれはそうです。その通りです。

まあ、たとえば、古いノイズだらけの音の悪い音源にも素晴らしい感動があることを知っている私としては、同じような感動を試してみたい、という気持ちが大きかったわけです。

一応、誤解のないようにいっておくと、私はもちろんノイズ信者ではありませんし、どちらかというと”いい音”に惹かれる傾向もあります。

しかし、発表当時のそういう衝動は、これまた私にとっては魅力的であったりするわけです。

さて、当OKMにおいての最初の「ドンクラ」は、オリジナルMIXでありました。
コレ、このヴァージョンですでに、私が心配するほど”いい音”ではないことに私自身が気が付いたということで、これなんですが、今回「ドンクラ※」で、もう少し試してみようというわけです。

それほど反応がなくても、好きな作品であることに変わりはありません。

ちなみにオリジナルはコチラ↓

「ドンクラ」
http://okmusic.jp/#!/works/4737?n=%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9






posted by 砂久ヤタロウ at 21:41| Comment(0) | かく語りき | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。