2016年05月14日

ニンジン14

お久しブリトニーでございます!

一体、何年ぶりの更新なんでしょうか?
いきなり唐突な更新のわけは、最近このブログのログインパスワードが数年ぶりに発見されたからなんです、そうなんです。

この数年、パスワードが行方不明で、更新したくてもできなかったのです。ウソじゃありません。

本当にひさしぶりに、マイブログを読み返してみましたが、まあ、いろいろと考えなしに書いてますね。
われながらテキトーさに呆れるばかりです。

さて、一応音楽のことを書いていこうと始めたブログなので、久しぶりの今回も音楽のことを。
ていうか、これ、自分の音楽作品の解説めいたことを書いていこうと始めたんでしたっけ、たしか。

ま、そんなことに興味がある人がいるとは、どうしても思えないのですが、この文章が作品を聴くキッカケにでもなればなあ、という下心もこめてダラダラかいていきましょうか。

さてさて、というわけで今回はどの作品のことを書こうかな、と考えてみたんですが、やはり「ニンジン14」あたりがいいのかな。
ま、いえば「キュウリ11」「カボチャ8」でもなんでもいいのですが、この、たくさんの人を”はねのけて”いる作品群は、いわゆる一つのギター作品になります。

この作品群の関心の”持たれなさ加減”は、なかなかのものです。

私自身、サイトに発表する意味について思わず考えてしまうほど、スルーされてしまっていますね。
しばらく野菜シリーズでギター作品をUPし続けていると、もう野菜のタイトルだけで「またかよ! もう飽きたよ!」という方もいるかもしれませんね。もうしわけない限りです。

少しでも興味を持ってもらうために「いっちょブログでも書いたるかー!」って感じですが、というのもこれ、まだまだ続くのです。

個人的には、とても面白く楽しい作品群だと思っていますが、作品を聴いてくれた大抵の人はイマイチだと思ったのかもしれません。再生数は軒並み伸び悩んでいるようです。残念です。

インストは、歌モノに比べるとあまり聴かれない傾向にありますが、これは、歌モノがインストに比べて、そのメッセージを受け取りやすいからかもしれませんね。

歌モノは「言葉」によって、直接その意味を伝えるので、解釈はともかく、なにかしらのメッセージを感じることができます。

しかし。インストは大抵の場合、その音そのものがメッセージであるので、例えば”文章的”ななにかをかんじるのはなかなか難しいといえましょう。

多くの作者が「この曲は~の~を表現したものです」なんてことを言ってしまうのも、その作品にタイトル意外のイメージを付加したいからに他なりません。

さて、今回私は、ギターのインスト作品をシリーズでやってみようと想い、作品を何曲か録音しました。

ギターソロはいつも、弾きながらどう飛んでいくかわからないので、とてもスリリングです。リズムや音程のズレは作品に面白い”色”をつけて、まるで仲の良い高校時代の同級生のように親近感を増します。

ま、そんなことを言いながら、面白がっているのは、どうも私くらいなようですが・・・

野菜シリーズは、野菜の名前をタイトルにしたギター作品群で、それぞれの作品がタイトルと音でメッセージを伝えようとしています。

「ニンジン14」のメッセージなら、そうですね、好き嫌い言わないでニンジンもきちんと食べましょうってところですかね。

演奏なんかについても、もう少し書きたいのですが、それは次回。

気が向いたらね。ではでは。じゃあねー

http://okmusic.jp/#!/works/65087 ←「ニンジン14」
http://okmusic.jp/#!/works/63511?n=%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%AA11 ←「キュウリ11」

posted by 砂久ヤタロウ at 23:29| Comment(0) | かく語りき | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。